海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年02月25日デイリー版1面

MariTech 海事未来図】完全遠隔操船タグ開発へ。スビッツァー・コングスベルグ・ABS

 デンマーク海運最大手APモラー・マースクの曳船子会社スビッツァーは23日、世界初となる完全遠隔操船タグボート「RECOTUG」を、ノルウェーの舶用機器大手コングスベルグ・マリタイムや米船級協会(ABS)と共同で開発すると発表した。将来的にはコペンハーゲン港で商業運航を行うことを目指す。同プロジェクトはリモートオペレーションセンターから全ての操作を制御して、曳航作業を行うことができる遠隔操作… 続きはログインしてください。

残り:573文字/全文:768文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む