webinar0318
 印刷 2021年02月24日デイリー版2面

ABS、現代重のFSO、AIPを付与

 米船級協会(ABS)はこのほど、韓国・現代重工業グループに、メキシコ海域での操業を目的とした浮体式原油貯蔵・積み出し設備(FSO)の設計に対して基本承認(AIP)を付与した。同船の貯蔵能力は200万バレルとなっている。現代重工は今回のAIP取得に関して「当社の標準的なFSOの設計が、より信頼性の高いシステムの安定性と安全性を備えた、手頃なCAPEX(設備投資)を提供するとともに、メキシコの… 続きはログインしてください。

残り:160文字/全文:312文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む