webinar0318
 印刷 2021年02月24日デイリー版2面

フロントライン、20年純利益2.9倍。年前半の市況高騰で

 ノルウェーのタンカー大手フロントラインが19日発表した2020年12月期決算は、純利益が前の期比2・9倍の4億1287万ドルに拡大した。昨年春、原油や石油製品の極度のコンタンゴ(期先高)状態に伴い洋上備蓄需要が高まり、タンカー市況が高騰したことが主因。フロントラインにとっては08年以来の好決算となった。売上高は28%増の12億2118万ドル、EBITDA(金利・税引き・償却前利益)は81%… 続きはログインしてください。

残り:242文字/全文:435文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む