webinar0318
 印刷 2021年02月24日デイリー版1面

岩谷産業など報告、水素拠点に愛知・知多 有力。船舶受け入れ候補地に

 岩谷産業やトヨタ自動車など水素の利用促進に取り組む民間企業11社で構成される「中部圏水素利用協議会」は19日、大型水素運搬船受け入れ基地の立地場所として知多方面(愛知県知多市)が有力とした活動リポートを公表した。同地域と四日市に所在する発電所や石油精製施設などで大きな水素需要が見込まれ、パイプラインや陸送による効率的な配送インフラの導入を検討する。政府は昨年12月に策定した「2050年カー… 続きはログインしてください。

残り:831文字/全文:1026文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む