webinar0318
 印刷 2021年02月19日デイリー版2面

常石造船、新42型BC1番船進水。汎用性維持し積載量向上

 常石造船は17日、省エネバルカー「TESS(ツネイシ・エコノミカル・スタンダード・シップ)」シリーズの4万2000重量トン型「TESS42」の1番船が、グループの中国拠点である常石集団(舟山)造船(TZS)で今月1日に進水したと発表した。「TESS42」は、全長をヒット船型「TESS38」と同じに抑えて汎用(はんよう)性を維持しながら、載貨重量は同喫水時で約2000重量トン、満載時に約40… 続きはログインしてください。

残り:378文字/全文:567文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む