webinar0318
 印刷 2021年02月19日デイリー版2面

ナカシマプロペラ中島社長、推進性能最適化メーカーへ。付加物と一体提案

 ナカシマプロペラの中島崇喜社長は18日、東京都内の事務所で1月末の就任後初めて記者会見し、「船舶の推進性能を最適化するメーカーを目指す」との考えを示した。世界的に取り組みが求められているGHG(温室効果ガス)対策として、海事産業では代替燃料導入の動きが目立つが、「推進性能の向上によって削減できる枠も大きい」と説明。主力のプロペラのほか、ラダーバルブ、プロペラキャップ、船尾ダクトなどの省エネ付加物… 続きはログインしてください。

残り:1015文字/全文:1213文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む