webinar0318
 印刷 2021年02月18日デイリー版3面

ハパックロイド、EBITDA18億ドル予想。1―3月期。需給逼迫で

 独船社ハパックロイドは16日、2021年1―3月期のEBITDA(金利・税引き・償却前利益)が18億ドル(約1900億円)になりそうだと発表した。前年同期の5億1700万ドルに比べ、3倍以上となる。年明け以降も旺盛なコンテナ荷動きにより需給逼迫(ひっぱく)が続いていることが大きく寄与していると同社では説明している。21年1―3月期のEBIT(金利・税引き前利益)も15億ドルとしており、前年… 続きはログインしてください。

残り:267文字/全文:456文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む