webinar0318
 印刷 2021年02月18日デイリー版3面

神戸港、CT拡張や在来貨物支援強化。21年度予算831億円計上。港勢回復めざす

 【関西】神戸市は17日に発表した2021年度当初予算案で、神戸港の港湾事業会計に20年度当初比2%増の831億円を計上した。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ港勢を回復するため、LCL(海上混載)サービスの拡充に対する補助制度を創設するほか、現行のコンテナ貨物に対する集貨事業に加え、在来・RORO船航路の集貨支援も新たに実施。また、コンテナターミナル(CT)の拡張や新・港湾情報システム「CON… 続きはログインしてください。

残り:757文字/全文:953文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む