印刷 2021年02月18日デイリー版1面

インタビュー 風力発電市場誕生へ】日本風力発電協会代表理事・加藤仁氏、洋上風発、主力電源の柱に

 洋上風力の産業競争力強化に向けた官民協議会は昨年12月に洋上風力産業ビジョンを発表し、2030年に1000万キロワット、40年までに3000万―4500万キロワットという導入目標を打ち出した。大型火力発電所40基超分に当たる野心的な目標になる。その高い目標が示す意義や海事産業にとっての商機について、日本風力発電協会の加藤仁代表理事に聞いた。(聞き手 山田智史) ――洋上風力の産業競争力強化に… 続きはログインしてください。

残り:1527文字/全文:1723文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む