webinar0318
 印刷 2021年02月12日デイリー版1面

マースク、EBITDA82億ドル。20年決算、今期も好調続く

 デンマーク海運最大手マースクが10日発表した2020年12月期決算は、EBITDA(金利・税引き・償却前利益)が前の期比44%増の82億2600万ドル(約8600億円)となった。昨年11月に公表した予想額80億―85億ドルの範囲に収まった。海上輸送の逼迫(ひっぱく)は年明けも続き、このままいけば21年1―3月期の業績は、20年10―12月期を上回ると見込む。20年12月期の売上高は2%増の… 続きはログインしてください。

残り:219文字/全文:410文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む