webinar0318
 印刷 2021年02月10日デイリー版3面

日本航空、量子ベンチャー企業と共同研究。貨物搭載計画を算出へ

 量子コンピューターソフトウエア開発のエー・スター・クォンタム(本社・東京都港区、船橋弘路社長兼CEO〈最高経営責任者〉)は4日、日本航空と航空貨物の課題解決に向けた共同研究契約を締結した。貨物の搭載計画の算出など、量子コンピューターを活用した課題解決や次世代サービスの開発・実用化を目指す。両社では2020年、量子コンピューターを用いた実証実験とその結果の検証を実施している。日航によると、過… 続きはログインしてください。

残り:208文字/全文:403文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む