webinar0318
 印刷 2021年02月09日デイリー版3面

4―12月期】丸全昭和運輸、経常益4%増。原価低減が寄与

 ◇丸全昭和運輸 経常利益は前年同期比4%増の72億円。日用雑貨などを除く大半の品目の取り扱いが伸び悩み売上高は4%減の887億円だったが、原価の低減により営業利益は4%増の68億円。前年同期にあった段階取得に係る差益がなくなり、純利益は27%減の47億円。セグメント別では、物流事業が4%減収、営業利益8%増の56億円。貨物自動車輸送、港湾運送、倉庫業、鉄道利用運送、物流附帯事業の各分野とも… 続きはログインしてください。

残り:155文字/全文:307文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む