webinar0318
 印刷 2021年02月08日別版特集4面

名古屋港特集】環境】脱炭素に向けて動き出す名古屋港

 水素をはじめとする次世代エネルギーの輸入や貯蔵、利活用を図り、脱炭素化に配慮した港湾機能の高度化を通じてGHG(温室効果ガス)の排出をゼロにする「カーボンニュートラルポート」(CNP)の形成。国土交通省が進めるこの取り組みについて、先行的な検討が名古屋港で始まっている。国交省は、国際物流の結節点・産業拠点である港湾で、脱炭素化に配慮した港湾機能の高度化、臨海部産業の集積を通じてCNPを形成… 続きはログインしてください。

残り:1047文字/全文:1240文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む