webinar0318
 印刷 2021年02月05日デイリー版2面

サムスン重、20年12月期、営業損失が拡大。6期連続で赤字

 韓国造船大手のサムスン重工業が2日発表した2020年12月期連結決算(速報ベース)は、7664億ウォンの営業損失を計上し、赤字幅が前の期の6166億ウォンから拡大した。営業段階からの赤字は15年12月期から6期連続となった。日本造船の業績も厳しい状況が続いているが、韓国造船も苦戦している。売上高は前の期比7%減の6兆8603億ウォン、最終損失は1兆2029億ウォン(前の期は1兆3154億ウ… 続きはログインしてください。

残り:189文字/全文:373文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む