海事アカデミア202104
 印刷 2021年02月01日デイリー版6面

中部運輸局、@名古屋「めざせ!海技者セミナー」、全国初のライブ配信。25日まで見逃し配信も

名古屋市内の会場から25社が配信した
名古屋市内の会場から25社が配信した
質疑応答は司会者が進行した
質疑応答は司会者が進行した

 中部運輸局は1月16日、船員志望者・求職者を対象とした海運事業者による企業説明会「めざせ!海技者セミナーin名古屋」を開催した。14回目となるセミナーは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から全国初のライブ配信で実施。事前登録なしで全国から視聴できたこともあり、1社当たりの平均アクセス数は昨年度の1社当たりの平均面談数の3・5倍となった。2月25日まで特設ページで見逃し配信も実施する。

 通信環境への配慮から、参加企業は名古屋市内の同一会場から配信。船員志望の学生、一般求職者が特設ホームページにアクセスし、各社の説明を視聴した。参加しやすくするため、事前登録は不要で、パソコンだけでなくスマートフォンからの視聴も可能とした。

 対面で実施した昨年度の面談数が1社平均17人だったのに対し、今回は1社平均のアクセス数が60件に増加。アンケート結果によると、中部地域以外からの参加も大幅に増えた。

 匿名投稿が可能だった上、司会者が抽出して企業が回答する形式だったため、質問は1社平均21件に上った。採用方針や働き方、給与、休日、資格などのほか、船内の人間関係やコロナ対策を気にする質問もあった。

 参加者からは「コロナ禍で話を聞く機会がなかったので、将来の選択肢が増えた」「緊張しなくて済んだ」などの感想があった一方、「直接話が聞きたい」という声も。企業からは「中止されるセミナーが多い中、自社をアピールする場ができて良かった」「全国に知ってもらう機会になった」「対面の方が世代の価値観や思考を感じやすい」などのコメントがあった。

 セミナー特設ページのアドレスは次の通り。

 https://www.chubu-kaigisyaseminar.info/