海事アカデミア202104
 印刷 2021年01月28日デイリー版1面

FMG、LNG焚き商談開始。複数隻5―10年、邦船も応札へ

 豪州の資源会社フォーテスキュー・メタルズ・グループ(FMG)がLNG(液化天然ガス)焚(だ)きケープサイズバルカーの新造整備商談を開始した。2元燃料(LNG・低硫黄油)機関搭載の20万9000重量トン級複数隻を期間5―10年で新造用船する方針。邦船大手をはじめ主要ケープサイズ運航船社の応札が見込まれ、建造ヤードは中国造船所がコスト競争力で優位に立ちそうだ。英紙トレードウィンズによると、今回… 続きはログインしてください。

残り:509文字/全文:698文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む