webinar0318
 印刷 2021年01月28日デイリー版1面

政府、北極域研究船を建造。26年度竣工、DF初採用

 政府は日本初となる北極域研究船の建造に2021年度から着手する。主機として同種の船としては初めてLNG(液化天然ガス)を燃料として利用するDF(2元燃料)機関を搭載。船体設計は北極域で通年航行できる砕氷・耐氷性能と観測性能を両立させる。建造費の総額は335億円で26年度の竣工を目指す。運用を担う海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、同船が収集するデータが北極海航路を航行する商船の開発にも貢献でき… 続きはログインしてください。

残り:837文字/全文:1031文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む