webinar0318
 印刷 2021年01月25日デイリー版6面

海保庁、大型測量船「光洋」、3月に期待の就役。最新機器を搭載。海洋権益確保へ

 海上保安庁の大型測量船「光洋」(4000総トン)が3月16日に就役する。最新の探査機器を搭載し、海洋権益の確保に必要な海底地形や地質に関する調査を実施する。同船は昨年1月に就役した「平洋」と同型船で、最大の測量船となる。「光洋」は4000総トンで、長さ約103メートル。舵とスクリューが一体化し360度回転できる推進器「アジマススラスター」を搭載した。これにより、一定の位置にとどまる能力が増… 続きはログインしてください。

残り:501文字/全文:696文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む