webinar0318
 印刷 2021年01月18日デイリー版1面

国内造船所、EEDI3に商機。中小型BC海外受注続く。中国の旧規制船完売も追い風

 国内造船所は、2025年以降の契約船に適用される環境規制「EEDI(エネルギー効率設計指標)フェーズ3」に対応した新船型をいち早く市場投入し、主力の中小型バルカーの新造商談で海外造船との差別化を図っている。これが奏功しサノヤス造船が昨秋、同規制対応の中型船を世界初受注。大島造船所も新船型で複数隻の受注を決めるなど、新造案件が限られる中、海外からの成約が出始めた。中国造船所が安値提示できるNOX(… 続きはログインしてください。

残り:1329文字/全文:1526文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む