物流ウェビナー2 満席
 印刷 2021年01月14日デイリー版3面

モデルナの新型コロナワクチン、国内物流用冷凍庫、ツインバード製採用。神栄のロガーで温度管理

 米モデルナの新型コロナウイルスワクチンの国内輸送・保管用機器が決まった。医療機関などへの輸送・保管用ディープフリーザー(超低温冷凍庫)として、ツインバード工業の製品5000台が採用された。ディープフリーザー内の温度計測・管理用ロガーには、衣料や食品などを扱う商社、神栄グループの温度ロガーの採用が決定。同グループは5000台を受注した。モデルナのワクチンは日本政府が2500万人分(5000万… 続きはログインしてください。

残り:466文字/全文:660文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む