物流ウェビナー2 満席
 印刷 2021年01月14日デイリー版3面

清水港、20年外貿コンテナ、9%減43万TEU。実入り輸出 下期に回復

 【中部】静岡県清水港管理局のまとめによると、2020年(1―12月)の清水港の外貿コンテナ取扱個数(速報値、実入り・空コンテナ合計)は19年比9%減の42万7807TEUだった。輸出は7%減の21万4791TEU、輸入は12%減の21万3016TEU。コロナ禍の影響を受け6、7月に輸出の実入りコンテナが大幅に減ったが、下期に回復。輸入は1年を通して低調に推移した。内貿コンテナは1%増の8万643… 続きはログインしてください。

残り:304文字/全文:500文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む