船員支援キャンペーン
 印刷 2021年01月12日デイリー版2面

豪ポートヘッドランド、LNG燃料ケープ初入港

 豪ピルバラ港湾局は7日、同局が管轄するポートヘッドランド港がLNG(液化天然ガス)燃料に対応した18万重量トン級ケープサイズバルカーを初めて受け入れたと発表した。ピルバラ港湾局はLNG燃料の供給体制を整備し、環境対応船の増加に対応する。本船「HL Green」は昨年12月に韓国・現代三湖重工業で竣工。韓国船社Hラインが運航しており、今回が初めての航海になる。西オーストラリア州のピルバ… 続きはログインしてください。

残り:301文字/全文:493文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む