物流ウェビナー2 満席
 印刷 2021年01月12日デイリー版2面

国内船主の今】(248)融資船の価値把握も。個船ごとに査定できる機関必要

 「地銀の船舶融資がアセット(船舶価値)重視になってくれば、必要な措置ではないか」 年明け早々、地方銀行の船舶融資担当者が電話取材に答えた。■「ベアコン」条項 同担当者が話す「必要な措置」とは船舶の担保価値の把握、平たく言えば融資対象船のコンディション(状態)を確認したいということだ。同担当者が続ける。「いわゆるベアコン(BBC〈裸用船〉契約)には、日本船主が海外オペレー… 続きはログインしてください。

残り:1581文字/全文:1762文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む