海事アカデミア202104
 印刷 2021年01月12日デイリー版6面

DFDS、水素燃料フェリー商業化へ。グリーン水素を利用。出力23メガワット 27年の就航めざす

 デンマークのフェリー会社DFDSは、スイスの重電大手ABBなどと共に、2027年に水素燃料電池で駆動する電気推進フェリーの商業化を目指す方針だ。再生可能エネルギー由来のグリーン水素を利用し、ゼロエミッションの実現につなげる。DFDSが主導する水素燃料電池フェリーのプロジェクト名は「Europa Seaways」。乗客定員1800人、車両積載スペース2300レーンメートルのROPAX(高級貨… 続きはログインしてください。

残り:569文字/全文:765文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む