印刷 2021年01月07日デイリー版1面

日本郵船、FSRP基本設計に協力。パプアニューギニア向け

 日本郵船はパプアニューギニア向けの浮体式LNG(液化天然ガス)貯蔵・再ガス化・発電設備(FSRP=Floating, Storage, Re-gasification and Power Generation)の基本設計業務に協力する。「LNG船の運航管理で培った知見やノウハウを生かして、電力の安定供給体制の構築に貢献していく」(尾本准也・海洋事業グループ長)考えだ。千代田化工建設が5日、… 続きはログインしてください。

残り:684文字/全文:875文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む