船員支援キャンペーン
 印刷 2021年01月06日デイリー版3面

名古屋港、20年総貨物量推計、19年連続国内首位に。外貿コンテナは14%減

 【中部】名古屋港管理組合は昨年12月24日、2020年(1―12月)の名古屋港港勢(推計値)を公表した。総取扱貨物量(外内貿合計)は1億6800万トン。コロナ禍の影響などで前年から14%減ったが19年連続で国内首位を堅持する見込み。外貿コンテナ取扱個数は14%減の229万TEUで、昨年に続き国内3位を見込む。総取扱貨物量の内訳は、外貿貨物が15%減の1億700万トン。完成自動車の輸出、原油… 続きはログインしてください。

残り:260文字/全文:451文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む