物流ウェビナー2 満席
 印刷 2020年12月28日デイリー版2面

MariTech 海事未来図】ウィルヘルムセン、水素燃料船事業に助成。26億円、ノルウェー政府系から

 ノルウェー海運大手のウィルヘルムセングループは17日、同社が主導する世界初のゼロエミッション水素燃料船プロジェクト「Topeka」がノルウェー政府系企業のEnova(エノバ)から2500万ドル(約26億円)の助成を受けると発表した。Topekaプロジェクトは、水素燃料電池とバッテリーで構成される推進システムを搭載したRORO船2隻を建造。2024年からノルウェー沿岸で商業運航する計画だ。… 続きはログインしてください。

残り:191文字/全文:375文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む