船員支援キャンペーン
 印刷 2020年12月23日デイリー版4面

関西エアポート、ワクチン輸入でTF結成。関係業者で情報連携

 関西国際空港を運営する関西エアポートは21日、海外から輸入される新型コロナワクチンの安全な輸入・搬送を検討するタスクフォース(TF)を立ち上げると発表した。物流のサプライチェーンに関わる関係者間で情報連携し、同空港での受け入れ体制を整備する。今後、製薬会社に加え、航空会社やフォワーダーなどに声掛けしメンバーを募る。新型コロナワクチンの輸送には、厳密な温度管理や迅速な輸入手続きなど高度な取り… 続きはログインしてください。

残り:177文字/全文:349文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む