船員支援キャンペーン
 印刷 2020年12月11日デイリー版1面

MariTech 海事未来図】商船三井、風力石炭船で輸送契約。東北電力と。大島造で22年竣工

 商船三井は10日、硬翼帆式風力推進装置「ウインドチャレンジャー」を搭載した石炭船を対象に、東北電力と輸送契約を結んだと発表した。石炭船は大島造船所で建造され、2022年の運航開始を予定している。商船三井によると「帆」を搭載した石炭船は世界初で、環境負荷の低減と経済性の両立を目指す。商船三井の鍬田博文常務執行役員は今回の契約締結を受け、「高効率石炭火力は中期的には重要な電源を担うとみられる。… 続きはログインしてください。

残り:526文字/全文:723文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む