船員支援キャンペーン
 印刷 2020年12月11日デイリー版4面

記者の視点/鈴木隆史】減産縮小・解撤の影響。市況回復の後押しとして期待

 夏場以降、下降線をたどっていたVLCC(大型原油タンカー)市況に復調の兆しが見えてきた。現地時間3日のOPEC(石油輸出国機構)プラスによる閣僚会議で、2021年1月から協調減産の規模が縮小されることになった。「VLCCなどの原油船市況にとって、好材料」(市場関係者)と歓迎する声が上がっている。減産規模は、足元の日量770万バレルから同720万バレルに縮小する。減産は続くものの、足元よりは… 続きはログインしてください。

残り:1003文字/全文:1194文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む