日本海事新聞社 物流ウェビナー2
 印刷 2020年12月03日デイリー版3面

コンテナ輸送の需給逼迫、関西向け輸入を直撃

 【関西】海上コンテナ輸送の世界的なスペース・コンテナ不足の影響が関西でも強まってきた。物流関係者によると、11月以降、中国発関西向けの海上運賃の上昇局面が続き、ブッキングが困難になっているという。特に華南からの貨物は運賃が暴騰しスペースの奪い合いの状況で、さらに足元では東南アジア出し貨物の運賃も急騰する展開だ。中国発阪神港(神戸港・大阪港)向け貨物は、蛇口や深圳、香港からの貨物で需給が逼迫… 続きはログインしてください。

残り:495文字/全文:690文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む