船員支援キャンペーン
 印刷 2020年12月03日デイリー版1面

MariTech 海事未来図】大型液化水素船 実用化へ弾み。川重・岩谷、豪州で製造・輸出へ

 国際的な水素サプライチェーンの構築に向け開発が進む、大型液化水素船の実現に弾みが付きそうだ。川崎重工業は、豪州エネルギー大手オリジン・エナジーと共同で、再生可能エネルギー由来の「グリーン水素」を豪州から製造・輸出するプロジェクトを進めていることが分かった。既にフィージビリティスタディ(FS)を完了し、来年には水素製造プラントのFEED(基本設計)を開始する。また液化水素サプライヤーの岩谷産業も、… 続きはログインしてください。

残り:893文字/全文:1089文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む