船員支援キャンペーン
 印刷 2020年12月01日デイリー版1面

MariTech 海事未来図】先進船の開発加速。25年 関西万博にらみ

 大阪・関西万博が開かれる2025年をターゲットに、水素燃料や自動運航といった技術を取り入れた次世代船舶の開発が加速している。液化水素サプライヤーの岩谷産業は、名村造船所などと水素燃料電池船の商用化に向けたフィージビリティスタディーを開始。また電気推進船(EV船)の開発・普及促進を目指す「e5ラボ」も、ワイヤレス給電システムを搭載した電気推進船「水上アーバンモビリティ」の開発に取り組む。いずれも関… 続きはログインしてください。

残り:825文字/全文:1023文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む