日本海事新聞社 物流ウェビナー2
 印刷 2020年11月30日デイリー版3面

川崎港CTの次期指定管理者、YKIP・川崎臨港倉庫埠頭JVを内定

 川崎市はこのほど、川崎港東扇島地区の「川崎港コンテナターミナル(CT)関連施設」について、公共施設の管理運営を民間事業者・団体などに包括的に代行させる措定管理者制度の予定者として、横浜川崎国際港湾会社(YKIP)・川崎臨港倉庫埠頭会社の共同事業体(JV)を選定した。今後市議会の承認などを経て、2021年度から2カ年にわたりCTの管理・運営を行う。JVによるターミナル指定管理は16年度から今… 続きはログインしてください。

残り:627文字/全文:818文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む