日本海事新聞社 物流ウェビナー2
 印刷 2020年11月27日デイリー版2面

海員組合、パナマ籍高速船 国内運航の特措要望「断固容認できない」

 全日本海員組合は25日、JR九州がパナマ籍の新造船による国内での旅客輸送を可能にする特例措置を国土交通省に求める方針を示していることについて、「カボタージュ規制(国内海上輸送の自国籍船限定)堅持の観点から、断固容認できない」とする申し入れを国交省に行った。同社グループのJR九州高速船の新造高速旅客船「クイーンビートル」は博多―韓国・釜山航路に就航する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で同航路… 続きはログインしてください。

残り:386文字/全文:584文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む