船員支援キャンペーン
 印刷 2020年11月24日デイリー版2面

大宇、1―10月受注38%減33億ドル。砕氷LNG船ロット成約

 韓国造船大手、大宇造船海洋の1―10月期受注高は前年同期比38%減の33億ドルとなった。厳しい事業環境に加え、新型コロナウイルスの影響もあり造船各社が苦戦する中、大宇は10月に砕氷LNG(液化天然ガス)船をロット受注するなど成約をじわり積み上げている。期間中の受注隻数は、砕氷LNG船6隻、LNGバージ2隻、FSRU(浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備)1隻、シャトルタンカー2隻、VLCC(大型… 続きはログインしてください。

残り:481文字/全文:673文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む