船員支援キャンペーン
 印刷 2020年11月24日デイリー版1面

豪州、連続乗船11カ月まで。来年3月以降、コロナ前の要件に

 豪州海洋安全局(AMSA)は来年3月から、豪州入港船に対する規制を強化する。コロナ禍もあって認めてきた船員の連続乗船期間の特例を、同2月末で終了する。同3月以降、豪州寄港船の船員の乗船期間は、コロナ前に規定していた「最長11カ月」に戻る。これにより、乗船期間11カ月超の船員を配乗している船舶は、豪州寄港時のポートステートコントロール(PSC、寄港国検査)で拘留される可能性がある。海運関係者からは… 続きはログインしてください。

残り:828文字/全文:1024文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む