船員支援キャンペーン
 印刷 2020年11月20日デイリー版3面

エミレーツスカイカーゴ、ドバイにコロナワクチン専用ハブ。大量輸送に向け体制強化

 アラブ首長国連邦(UAE)に本拠を置くエミレーツ航空は19日、貨物部門のエミレーツ・スカイカーゴがコロナワクチン流通に対応する目的で、ドバイに専用の航空貨物ハブ=写真=を設置したと発表した。コロナワクチン専用のエアサイド(制限区域)施設としては世界最大規模になる。設置により、今後起こり得るコロナワクチンのグローバル輸送に向けて体制を強化する。同社はドバイの南側地区に位置するドバイ・ワールド… 続きはログインしてください。

残り:723文字/全文:916文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む