船員支援キャンペーン
 印刷 2020年11月19日デイリー版2面

佐世保重工、営業損失11億円。4―9月期、原価率改善で赤字縮小

 名村造船所の連結子会社、佐世保重工業の2020年4―9月期連結決算は、営業損失が11億円(前年同期は45億円)だった。名村造船所への佐世保重工建造船のブロック製作委託が4月から本格稼働し、新造船事業のコスト削減と工程安定化に寄与したことなどで製造原価率が改善、赤字幅が縮小した。経常損失は12億円(前年同期は47億円)、純損失は12億円(同48億円)だった。売上高は前年同期比2%減の1… 続きはログインしてください。

残り:165文字/全文:323文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む