船員支援キャンペーン
 印刷 2020年11月19日デイリー版4面

語録採録】日本郵船執行役員・丸山徹さん。コロナ第2波、機動的対応を

 5日開催のオンライン会見の質疑応答で、北米航路中心に高市況が続くコンテナ船事業の今後のリスクについて「コロナ第2波を注視しなくてはならない」と指摘した。「今、北米航路の減便はほぼなく、むしろ追加で増便を出している状態だが、4―6月期のようにまた貨物が大きく減ったとき、しっかりと対応しなければならない」と述べ、「スペースの供給を絞るため、どれだけ機動的に減便できるかが試される」と油断を戒めて… 続きはログインしてください。

残り:103文字/全文:203文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む