印刷 2020年11月11日デイリー版3面

財務省 輸入事後調査、8割超で申告漏れ。関税評価など、追徴税額116億円超

 財務省はこのほど、2019年7月―20年6月(19年事務年度)に全国の税関が輸入者に対して実施した関税・内国消費税の輸入事後調査の結果を公表した。調査対象の3361者のうち、申告漏れがあった輸入者は8割超の2723者。関税などの追徴税額は116億円に上った。申告漏れの要因としては、関税評価での誤りなど、正しいインボイスの下で誤った輸入申告が行われた事例が8割近くを占めた。追徴税額は前の年度… 続きはログインしてください。

残り:586文字/全文:781文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む