印刷 2020年11月11日デイリー版2面

政府、脱炭素化へ投資喚起。経済財政諮問会議で

 政府が9日に開いた経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)で、民間議員は脱炭素社会に向けた投資を喚起し、需要を下支えするよう提案した。閣僚は、次世代燃料として期待される水素や再生可能エネルギー普及に必要な蓄電池などの技術開発目標に向けた投資を加速するための施策について説明した。会議に出席した民間議員らは、脱炭素化に向けてイノベーションの創出の必要性を求めたほか、グリーン化に向けた設備投資や研究… 続きはログインしてください。

残り:275文字/全文:470文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む