印刷 2020年11月11日デイリー版2面

揚子江船業、3500TEU型船受注。日本船主から最大10隻

 中国民営造船大手の揚子江船業グループは5日、日本船主から3500TEU型コンテナ船5隻プラス・オプション5隻を受注したと発表した。確定分5隻の契約総額は1億9800万ドルで、船価は1隻当たり3960万ドル。グループの江蘇新揚子造船で建造し、2022年11月から順次引き渡す。船主の具体名と用船者は明らかにしていないが、船主は「揚子江船業グループの建造品質に満足しているリピーター」(揚子江船業… 続きはログインしてください。

残り:456文字/全文:652文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む