船員支援キャンペーン
 印刷 2020年11月04日デイリー版4面

近畿運輸局、新型コロナ対策セミナー。京大・宮沢准教授、交通機関の対策は十分。「抑止と経済の両立」で講演

 【関西】公共交通機関のコロナ感染対策セミナー(国土交通省近畿運輸局主催)が10月30日、大阪市内で開かれた。基調講演では同問題で積極的に情報発信してきた京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授が、感染防止対策と社会、経済活動の両立について話した。事業者の取り組み発表では、旅客船事業者からはフェリーさんふらわあの感染症対策も紹介された。宮沢准教授は東大大学院で獣医学博士号を取得、英… 続きはログインしてください。

残り:809文字/全文:1004文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む