船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月29日デイリー版1面

海事局長、GHG50年ゼロ目標。ゼロエミ船導入に注力

 国土交通省の大坪新一郎海事局長は28日、定例会見を開き、菅義偉首相が所信表明演説でGHG(温室効果ガス)排出量を2050年までに実質ゼロにする目標を新たに打ち出したことについて「さらに気候変動対策に力を入れていく」と語り、ゼロエミッション船の導入に向けて注力していく考えを述べた。EU(欧州連合)のEU排出権取引制度(EU―ETS)が国際海運を対象にする動きについては「グローバルな動きに水を差す」… 続きはログインしてください。

残り:704文字/全文:898文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む