船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月29日デイリー版2面

インテリアン、新型衛星端末を発売。シームレスな接続 保証

 衛星通信用アンテナシステムなどを手掛ける韓国のインテリアン・テクノロジーズは27日、米イリジウム・コミュニケーションズの通信サービスの中で最も高いRF(無線周波数)性能を持つ新型Lバンド(0・5―1・5ギガ〈ギガは10億〉ヘルツの周波数帯域)衛星端末「C700イリジウム・サータス」の販売を開始したと発表した。新端末は、悪条件の天候や環境でもシームレスな接続を保証する。

 船上に設置するC700は内部に可動部品を持たないソリッドステート・アンテナのため、長期にわたり定期的なメンテナンスが不要となる。

 同端末は、デフォルトでアップリンク(上り回線)速度352kbps(キロビット毎秒)、ダウンリンク(下り回線)速度704kbpsをそれぞれ実現。独自の12パッチフェーズド・アレーアンテナ(複数の素子を規則的に配したアンテナ)技術により、低仰角RF効率を可能にした。

 このほか、高品質で低遅延の電話回線を3回線同時にサポートできるメリットもある。

 同製品はプライマリー通信用にファイアウオール、WANポート、内蔵Wi―Fiなど主要な機能を追加コストなしで導入できるデッキユニット(BDU)が搭載されている。これらのハードウエアとソフトウエアをシステムに組み込むことで、C700は市場で最もパワフルで機能豊富なLバンドソリューションとなった。

 また、安定性と信頼性の高い接続性を備えているため、GMDSS(海上での遭難・安全に関する世界的制度)をはじめとする将来の安全サービスの理想的なプラットフォームとしても活用できる。

 端末としては小型、軽量で、技術者や乗組員が1人で船上に持ち運ぶことができ、迅速かつ低コストでの設置が可能。インテリアンの国際サポートとサービスネットワークインフラによって保護されており、部品などには3年間の保証が付く。