船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月28日デイリー版1面

日本―アジア航路、東南ア回復傾向。ベトナム・海峡地向け好調

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で低迷が続いた日本発着のアジア域内荷動きが回復傾向にある。コロナ禍の影響が少なかったベトナム航路は夏場以降、スペースタイトが続く。西アジア・欧州航路との接続にも利用される海峡地航路では、運賃上昇の機運も出てきた。主要貨物の自動車関連貨物の荷動き低迷に苦しんだタイ航路も「例年の7―8割」(船社)まで回復してきたという。未曽有の活況を見せる北米航路と比べ回復が遅… 続きはログインしてください。

残り:1053文字/全文:1248文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む