船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月26日デイリー版1面

日本郵船、LNG船事業 仏で強化。ガスオーシャン 完全子会社化

 日本郵船は23日、LNG(液化天然ガス)船の船舶管理を手掛けるフランスのガスオーシャン(本社・マルセイユ)の全株式を石油・ガスメジャーのトタルから取得し、完全子会社化したと発表した。日本郵船は同国での船舶管理体制を強化し、LNG船の事業機会を追求していく。ガスオーシャンはトタルが80%、日本郵船が20%出資していた合弁会社で、LNG船6隻を管理している。22日付でトタルが保有していた80%… 続きはログインしてください。

残り:653文字/全文:846文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む