マリンネット船舶サイバーセキュリティ ウェビナー開催
 印刷 2020年10月23日デイリー版2面

セーフバルカーズ、日本製カムサ新造買船。売船・再用船で資金調達

 ギリシャ系船主セーフバルカーズは21日、日本造船所で2022年前半に竣工する8万2000重量トン型カムサマックスバルカー1隻を新造買船することで売り主と合意したと発表した。新造船の取得額や建造ヤード、売り主の具体名は明らかにしていない。同時に、第三者とセールス&リースバック(売却後の再用船)を結び、取得額の90%を調達する。海外紙は売船・再用船先が日本船主だと報じている。セーフバルカーズが… 続きはログインしてください。

残り:348文字/全文:543文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む