船員支援キャンペーン
 印刷 2020年10月22日デイリー版3面

日本発北米東航、第三国発含め母船積み2%減。9月、運賃格差で日本集約か

 米デカルト・データマインが米国税関統計を基にまとめたところによると、日本発米国向け(北米東航)の9月実入り荷動きは、第三国発貨物も含めた日本での母船積み直航ベースで前年同月比2%減の3万3811TEUとなった。一方、日本貨物の日本母船積み直航分は13%減の2万9813TEUと減少幅が大きい。中国などアジア発でスペース確保が困難になっており、船社が運賃水準の高いアジア発貨物を日本に集約してい… 続きはログインしてください。

残り:586文字/全文:781文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む